教える教育から考える教育へ、つまらない勉強から楽しい学習へ。

お問い合わせ・お申込み

知能教育個別コース(3才〜小2)



指導のポイント 

教員1名:児童1〜3名の指導です。
それぞれの能力と個性に応じて「知研BOX」を
使って、楽しく遊びながら自然に考える習慣が
身につきます。
一貫して最後までやろうとする目標到達の意欲に対して、働きかけていきます。また、それぞれの年齢に合ったしつけも指導します。




@概念・図形・記号(数)のバランスのとれた具体物教材「知研BOX」を
使います。教えられるのではなく自ら考え楽しみながら取り組むことにより、
思考力・創造力・発想力を育てます。

A点図形・迷路・ぬりえ・ひらがな等で構成された「えんぴつれんしゅうちょう」を丁寧に取り組むことで集中力や忍耐力を
つけていきます。
また、小学生以降の家庭学習を無理なく
進められるように幼児期から身に付けて
いきます。



@具体物教材から一段階進んだ考えるテキスト教材「パスカル」を使います。
問題を楽しみながら解き自分の頭の中で考えることで、さらなる思考力・創造力
発想力を育てます。

A子どもの能力に応じた無学年の学習テキスト「れんしゅうちょう」を使い、自分で
考える力に加え、基礎学力を修得していきます。またひとりで進められるように
なっており、家庭学習の習慣をつけ、中学受験の基盤を形成します。

B小1生は具体物教材「知研BOX」も使用し、考える遊びを通して楽しみながら
思考力などを育てます。

個別指導の進め方 

それぞれの能力と個性に応じて指導。楽しく遊びながら、自然に考える習慣が
身につきます。

           〜子ども〜
導入
子ども達に教材での遊び方、考え方を説明します。先生の話に興味を持って集中して聞けるか、理解できたかがポイントになります。

 活動
教材を通じて先生・子ども同士で遊びます。遊びを通して憶えたり、
考えたり、頭を働かせます。子ども達が喜んで、遊びに取り組むことが
ポイントになります。何だろう?何故だろう?を大切にしていきます。

発展
遊びがさらに発展し、子ども達自身が遊び方を考えて工夫し始めたら
しめたもの!先生は、そっと見守るだけで十分です。

最後10分間 授業参観
子ども達の遊びの様子を見学し、家庭教育に役立てていただきます。
           〜保護者〜

授業解説
子ども達が教室でどんな事をしているのか、その目的は何かを説明し、
納得いただけるようになっています。

子ども達の心理説明
子ども達は何に興味を示し、どのように取り組んでいるか、どのように
考えているかを説明いたします。

ご家庭での教育説明
塾だけでなく、ご家庭での教育が重要です。よって、ご家庭での知能開発の実践方法を解説いたします。

I・Q検査します


   

information

トライアングル

〒640-8324
和歌山市吹屋町5丁目40-5
TEL.(073)402-1359


小中学部

個別指導

大学受験



関連リンク