喜望ゼミナール会社概要プライバシーポリシーサイトマップ



1.クラス平均15名の適正人数
理解力、記憶力は子供によって異なります。できる限り学力に応じた指導をするためにクラスを細分化しています。各種テストの結果により、学力向上者はクラス移動をします。
2.ひと味違う教材群
小学生の予習シリーズを初め、発展新演習・ワーク等学力に応じたテキストを使用します。理解度は、毎週実施する確認テストでチェック。理解不足の生徒には補講を行います。
3.モニター、放送設備の完備で公平かつ臨場感あふれる授業
生徒の学力向上に最も大切なのが教師の熱意と資質です。喜望ゼミナールにおいては全教室にモニターを設置し、教師の研修を行い、クラス間の不公平さをなくします。リスニングテストは、実際の入試さながらの放送設備を用いて実施します。
4.定期的なテストによるタイムリーな学力判定
レベルの高い集団の中で、その時どきのお子様の学習定着度を詳しく報告して参ります。このテストにより、私どもでは個々の生徒の学力把握と以後の指導方針を決め、子供たちの実情に即した学力の伸長を図ります。
5.保護者会・教育相談会・日々電話
一人ひとりの生徒の学習状況、家庭学習の方法、最新の入試状況などの的確な情報を年2回の保護者会と年間3回の教育相談会でご提供して参ります。又、お子様の塾での学習状況・家庭学習の様子についてのコンタクトは日々電話にて行います。
6.春・夏・冬の講習会が完璧にバックアップ
春期・夏期・冬期の年3回の各講習会を通し、前学期の復習特訓、時期に応じた各種の特別授業などを組み、高いレベルの学力を養成して参ります。集中的に学習できるこの時期にこそ、たくましい学力が育ちます。